書き方とサンプル文例

退職届け退職願いの書き方(サンプル)ですので下記文例をどうぞ参考になさって下さい。 
......................................................................   
              退職届

私事

この度、一身上の都合により平成○○年○○月    

○○日をもちまして、退職いたします。

          平成○○年○○月○○日
                       
               ○○部○○課
                       ご自分の名前   印
                            
             ○○○○株式会社
              代表取締役社長 ○○ ○○殿                 

                                    
.....................................................................


※【退職願いのサンプル】

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

               退職願

私事

この度、一身上の都合により平成○○年○○月

○○日をもって、退職したくお願い申し上げます。

            平成○○年○○月○○日
          
                 ○○部○○課
 
                         ご自分の名前   印
                              
                ○○○○株式会社
                 代表取締役社長 ○○ ○○殿

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。     
                          
※退職届と退職願の内容文が多少ことなっておりますのでご注意してご確認ください。
                           
※退職届けは→【退職届】と書きます。退職届けの【け】は付けません。
 
同じく退職願いも→【退職願】と書きます。退職願いの【い】は付けません。

※日付ですが退職届け(願い)を書いた日を記載するのではありません。
会社に提出するその当日の日付を書いて下さい。 
                           
※ 宛名は会社の社長です。敬称は「殿」を使います。

※ 筆記具は黒インクのボールペン・万年筆・サインペンで書きましょう。

※便箋・封筒は白地のものを準備しましょう。
 
会社によって便箋・封筒の件も含めた書式が準備されている場合がありますので必ず確認して、会社の方針に従ってください。  

<<封筒の書き方・表>>

※退職届け又は退職願いと書きます。
                           
「辞表」という言葉は、部課長以上の役職の方が使いますので
一般社員の方は書かないよう気をつけて下さい。

<<裏・封筒の書き方>>

「部署名」、「氏名(自分自身)」を書きます。