退職届け退職願いと辞表の違い

退職願と退職届と辞表、どれも似ているようで、それぞれ使い道(表題)は同じではありませんので書く時には気をつけましょう。                        
区別がわかりやすく書きますと、

                         
【退職願】

退職願いとは、退社の意志を伝えるものであって「申込」の段階です。

「私は会社を退職したいのですが、よろしいでしょうか?」と会社に柔らかくお願いするという表明です。

相手側(会社)が承諾してはじめて退職となります。
出した時点では退職となりません。
                         
もしもあなたの気持ちが「この会社でやっぱり頑張っていこう!」
と考えが変わったとします・・・
                         
その場合相手が承諾するまでは退職願い撤回を申し出することが
できますのでご安心下さい。


【退職届け】                       
 
退職届とは、退職が会社に了承されている。
その証拠として提出するという意味です。
                        
退職について上司が承認していることを前提として、書面にて形式的に退職を届け出ることを言います。

「届け出る」ということは「退職いたします!」と言い切る形であり
相手の承諾の有無に関わらず、受理された時点で確定となります。
                
このように退職願と大きく異なります。
                          
つまり、会社側の了解が得られていると退職届を提出します。
自分の都合での場合は退職願を提出するのです。                                              

そして、退職届と退職願の違いは、退職の撤回ができる可能性が
あるかないかでも変わってきます。
                       

【辞表】

辞表届けとは、一般に部課長以上の役職の方がその立場を辞するということを表明することですので、一般社員の方は辞表の言葉は使いませんので書かないで下さい。