結婚退社と社員

退職の手続きを約一ヶ月前に相談又は提出する意味があるのをご存知ですか。
残務整理・業務の引き継ぎが必要とされるからなのです。

退職の理由はみなさんそれぞれですが引継ぎの件に関しては会社に大きなご迷惑をかけるだけでなく、もちろん、後に残る同僚達など社員の方々にもご迷惑をかけてしまいます。
                        
引継ぎをきちんとこなしていないと退職後であっても、会社側はあなたの受け持っていた仕事の内容で困った事が発生した場合、電話で問い合わせがきたりもありえます。

非常事態のときは呼び出されて処理に当たるよう求められる事もありえます。
    
退職決意が固まった時点で引き継ぎの件に関して引き継ぎのスケジュールを立て少しずつ備品や資料の整理を始めていくと焦る事無く効率のいい残務処理が進むと思います。

私の経験なのですが。私は、退職なさる方の後任者でした。とても早口で多々説明スタート!

入社して間もないころでしたので気持ちからして不安でした。退職なさる方はとても焦っていた様子で一気に沢山の内容の説明に私も同じく焦ってしまいました。

質問も出来ない状態でしたので正直とっても嫌でした。
                                   実際の残務整理、引き継ぎ作業は上司に退職の承認が得られてから行うことになりますが事前に業務引き継ぎの作業又片づけなければならない仕事の件など計画を立てましょう。
                                   ご自分自身で円満退職の形であったと思える事も大切ですが、後に残る社員に円満退職を迎えて頂けるような配慮も大切だと私は思います。
 
退職する会社での最後のお仕事としてどうぞ頑張ってくださいね。