定年退職と挨拶

「定年退職をなさる方も退職届が必要」と思ってる方が少なくないようですが、退職届(願い)は、自分自身が会社を退職しよう!と決心した場合です。
                          
定年退職の方の中には「退職届けや願い」といった表面で提出したくない方々も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
                                  
しかし・・・
中規模以上の会社になると、定年退職であっても退職届けが必要なところも多くあるようです。

退職年月日を労働者自らが設定するものではありませんが、就業規則の内容も労働契約に含まれるので定められた定年日に退職することをあらかじめ合意したことになるようです。
                                   自ら辞めたくて「退職届け又は願い」を提出する規定であるならばお元気で仕事も充分こなせているのに「辞めたくないけど、定年だから・・・」と、

已む得ず辞めなくてはならない方が同じ表題で提出するのは、どうなのかなと思います。

定年退職の方は退職届け願いではなく、退職なさる場合表題を「定年退職挨拶文」として提出なさる形で良いのではないでしょうか。

定年退職なさる方のご挨拶文の一例ですが下記を参考になさってみて下さい。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

拝啓、春暖の候皆様ご清栄のことと存じます。
 さて、私ことこのたび満〇〇年の会社勤務を終え
 〇年〇月〇日をもって定年退職いたしました。
  
 在職中は公私にわたり大変お世話になりました。
 誠ににありがとうございます。
 
 思えば長いようで短い〇〇年。今でも朝目が覚めると会社に行くつ
 もりになってしまい、もう行くことはないのだと思い返すほどです。
 
 心温まるご指導をいただき、おかげ様をもちまして大過なく
 今日を迎えることができました。

 これもひとえに皆様方のご厚情の賜と深く感謝いたしております。
 ここに謹んで厚くお礼申し上げます。

 末筆ながら皆様方のご健勝とご活躍を心からお祈りいたします。
 まずは略儀ながら書中をもってごあいさつ方々お礼申し上げます。

        
                              敬具

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※あいさつ文の一番最初には、必ず「時候のあいさつ用語」が入ります。